バランスを整える

GJスタッフ鈴木です。

ついに東海地方も梅雨入り。

日本特有といっても過言ではない、ジメジメシーズン到来。
温暖化で日本亜熱帯化感を感じる今日この頃です。
この時期
「髪の毛がまとまらない(>_<)」
というお悩み女子がとても多いのですが
実は髪の毛というビジュアルの問題だけでなく、自律神経も乱れるという時期でもあります。
湿度だけでなく、低気圧というのが原因です。
感は「梅雨だる」というものらしいです。
ウェルラボ 「『梅雨だる』解消法」
(サイトは「ウーマン」ウェルネス研究会のものですが、男女関係ない解消法ですので、よかったら!)


静と動、陰と陽、清と濁 など
シーソーのように、真逆のものでバランスをとっているものはとても多く
自律神経も体を活動させるときに優位になる交感神経と、逆にゆったりしているときに優位になる副交感神経から成り立っていて、
これらがバランスよく働くことで健康を維持しているのですが、
残念ながら、現代人は交感神経が活性化しっぱなしで、副交感神経が高まらないアンバランスな状態に陥っている人ばかりなんです。

特に男性は、日々スーツや作業服といった「戦闘服」(言い過ぎ?)を着用し
満員電車または渋滞した道路で我慢を強いられ
職場という戦場(これも言い過ぎかもしれませんが)でたたかい
夜ヘトヘトになって帰宅。
オンタイムは心身ともに「タイト」な時間を過ごす方が多数を占めていると思います。
窮屈な服装は交感神経の働きを上げるそうです。ネクタイやシャツは、着用すると身も心もキュッとなりますよね。
土日は家族サービスで各所へお出かけが入ると、バランスは是正されぬまま。。。

だからこそ、ゴールデンウィークやお盆・年末年始と言った長期休暇にはそんなストレス過多の現実から離れ、
「緊張」過多でアンバランスになっている状態をリセットするために
日本人はこぞって数日間の「非日常」である海外へ行くのではないかと
主観ながら思っています。

その日中にまたは週末といったオフタイムに
オンタイムに蓄えられてしまった緊張をちょこちょこと緩和できれば
心身のリセット主体だった海外旅行に余白ができ、その中に新たな何かを取り込めて自身の糧になっていくこともあると思うのです。
いくらサイズが合っていても、スーツを着たままリビングでゴロゴロというのはあまり聞きません。
ウルトラマンも、仮面ライダーも、レンジャーも、その姿で横になってテレビは観ていませんよね(多分)。
多くの方は帰宅したら俗に言う「家着」に着替えてから寛ぐと思います
(一応ドラマや映画でもそうなっていると思いますので一般論として)
そして、結構な割合で、その「家着」はジャージではないでしょうか。
(これは私の統計なので違う可能性あり)

確かにジャージは心身ともにユルっとなります。リラックスウェアと言っても過言ではないと思います。
でも
敢えて私はここで提言します。
大人はそろそろ「家着=ジャージ」を卒業しませんか?

コンビニ行くにもちょっと粋な大人。
お子さんを公園に連れていくにも、こじゃれたパパママ。
心身ユルっとさせながら一石二鳥!

まず手始めには、ユルみながらも自然な抜け感が出せるイージーパンツ。
グランドジャンクションでは、リネンやレーヨンといった夏素材を中心に、コーデュロイやウール混の冬素材も、シーズンレスのデニムも展開中。
1回履けば病みつき請け合い。
夏はTシャツに合わせるだけのお手軽コーデ。
イージーパンツ一覧

ジャージセットアップに慣れ過ぎてどう着たらいいかわからない?
という方のためにコーディネート集、用意しています。
コーディネート一覧
色やバランスの参考に、ぜひご活用ください。

足元はリゲッタカヌー。
イージーパンツに負けないボリューム感で、コーディネートのバランスもOK。
重ね着しない夏は思い切って?柄物をチョイス。
ボタニカルパターンで一足先にリゾート気分先取り!

リゲッタカヌー ライトフット リーフ柄3本ベルトサンダル


リラックスしすぎてゆとりができても食欲は適度に締めないと、ですね。
バランスとって、ジメジメ梅雨を乗り切りましょう★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする